日本福祉高等教育学校 通信制・単位制高校サポート校

HOME

ご挨拶

学校の特色

通信制・単位制高校とは

年間行事

卒業生紹介

教室紹介

交通アクセス

リンク

日本福祉高等教育学校

■通信制高校って何?■

 

通信制高校とは、普通の高校のように毎日通うのではなく、
毎月送られてくるレポートを郵送で提出することで、単位を取得していくタイプの高校です。
合計74単位取得すれば卒業となります。つまり年間約25単位(1012教科程度)とれば3年で
卒業できますし、もっと時間をかけて、ゆっくりと卒業資格をとることもできます。

通信制高校とは、普通の高校のように毎日通うのではなく、
毎月送られてくるレポートを郵送で提出することで、単位を取得していくタイプの高校です。
合計74単位取得すれば卒業となります。つまり年間約25単位(1012教科程度)とれば3年で
卒業できますし、もっと時間をかけて、ゆっくりと卒業資格をとることもできます。

学校へ行く回数が少なく、自分のペースに合わせて自由にカリキュラムを組めるので、
不登校、フリーター、社会人の方でも高卒資格の取得がしやすいのが特徴です。



以下は一般的な通信制高校のカリキュラムです。


・単位取得の流れ

4〜7月

レポート提出・スクーリング

8月

前期試験

101

レポート提出・スクーリング

2月

後期試験

■レポート■
1教科につき、月に1回レポートを提出します。
年間25単位を目標にする場合、大体月に10枚ほどです。
レポートと言っても難しいものではなく、穴埋め形式の問題を埋めていくことが多いですね。
テストではないので、教科書等を参考にして、解きながら覚えていくのが目的です。

■スクーリング■
スクーリングとは、実際に学校に行って勉強する日のことで、年間約80時間こなす必要があります。
80時間ということは、一日4時間行くとして、約20日ですね。
他県からも通える広域通信制の場合、本校に通うことはできないので、大体各県に協力校となる私立高校があり、そこで受けるようです。

しかし、JAWならDVD視聴をすることにより、
スクーリングを最大約1/5に減らす事が出来ます!
大体、年間約2030時間、57日間程度スクーリングで卒業できるわけです!

しかもスクーリング会場は協力校・伊丹高等文化学院内にあるJAW伊丹本校。
慣れない見知らぬ高校ではなく、なじみの場所でスクーリングが受講できます!


JAWってこんなところ

■サポート校って何?■

 

とはいえ、通信制高校の場合、レポートが送られてくるだけで、それをサポートしてくれる人、
勉強を教えてくれる人がいないので、途中で挫折してしまう人が多いのが現実です。
本校やサポートセンターを利用できる高校もありますが、遠方にある場合はやはり利用しにくいです。


そこで、レポートの作成や学習のサポート、各種手続き等を行ってくれる
「サポート校」というものができました。JAWもその一つです。


つまり形の上では、通信制高等学校に所属し、卒業することになりますが、実質上通うのはJAW
こちらでレポート作成、試験の受験、その他各種サポートを受けることができます。

 

 

 

日本福祉高等教育学校 (JAW)
664-0858 
兵庫県伊丹市中央6-1-32
《阪急・JR伊丹駅徒歩4分》

Your link to are very welcomed.
copyright 2004 MARCH.  All rights reserved.

TEL072-785-6583
FAX
072-772-2232

Mail
nihon-fukushi@chive.ocn.ne.jp
     電話受付:月〜金の9:0017:00まで